Stream DeckでPWA(WEBアプリ)を起動させる方法

PWAとは

PWAとはProgressive Web Appsの略で、ごく簡単に言えばブラウザ上で動作するアプリのことです。

Microsoft Edgeを使用している場合は以下のようなメニューを見たことがあるでしょう。

あるいはPWAとしてインストールできる場合、アドレスバーに以下のような表示がされます。

インストールすると、ブラウザのタブではなく独立したウインドウが開きます。スタートやタスクバーにピン留めしておくこともできるので、あたかもネイティブアプリであるかのように使用できるのです。

Stream Deck とは

Stream Deck とはこういうもので、ボタンにマクロやショートカットを登録しておいてボタンを一つ押せば実行してくれる便利な周辺機器です。

では早速インストールしたYoutubeの起動をStream Deckのボタンに割り当てていきましょう

PWAの割り当て方

右側の一覧から「開く」をドラッグアンドドロップします。そして下部の設定にYoutubeのパスを与えようとしますが…。

残念ながらYoutubeのショートカットがスタートメニューのフォルダに見当たりません。

実はPWAは「Applications」というフォルダにあります。「デスクトップ」とか「PC」のような仮想のフォルダです。その「Applications」フォルダを開こうとしますが、デスクトップに存在することになっていて、普通にたどり着くことはできません。

そこでアドレスバーに「shell:AppsFolder」と入力してエンターを押してください。ですが、

直接指定することはできません。そこでエクスプローラーで「shell:AppsFolder」を開きなおして、右クリックから邪魔にならないところにショートカットを作成します。

そして作ったショートカットのパスをStream Deck に割り当ててください。無事起動してくれます。