GoodNotes for Windows/Android on Betaを使ってみた

あのiPad向けの人気ノートアプリ、GoodNotesがAndroidやWindowsに展開されるとはいやはや。GoodNotesが使えるからという理由でiPadを選ぶ人もいるというのにね。使ったことがないから使ってみました。

Windows版の感想

招待制なのでMicrosoftアカウントで待機リストに登録。教育関係者や学生を優先的に招待するとのことでしたが、次の日には招待メールが来ましたので、さっそくMicrosoftストアからインストールしました。

が、これWindows用に作ったものではなくPWA(WEBアプリ)ですね?web.goodnotes.comをEdgeで表示させているだけでした。ネットにつながってないと使い物になりません。

WEBアプリなんで起動は早いですが、書き心地はまあまあ、ほかの手書きアプリと同等です。PDFはインポートできますが、リンクを押しても該当ページに飛ばないし、図を挿入することはまだできません。

Betaとはいえちょっと期待外れでした。

全然話題になっていませんが、去年の秋ごろからNoteshelfのWindows版が使えるようになっています。ノートの読み込みにワンテンポ遅れる感じがありますが、Surface Go 3でうごかしているので致し方ありません。上位モデルで動かせばきっと快適でしょう。こちらは一通りの機能がそろっていて、PDFのリンクも機能しますのでおすすめしておきます。

Android版の感想

RAM3GB以上かつ8インチ以上のSamsung製Galaxyタブレットに限定ということで、手持ちのTab S6にインストールしようとしたところ、なんと非対応!要件を満たしているのにね。仕方がないのでapkpureでapkを落としてきてインストールしました。

縦持ちではなぜか編集させてもらえず、横持ちで使用するはめに。UIが大きすぎて使いにくい。

あとこれもWEB版がベースですね。やれることは同じです。WEB版がベースのアプリって正直あんまり使いやすいイメージがないんですよね(Evernoteとか)

AndroidでもNoteshelfのほうが使いやすいし安いです。

以上Noteshelfの回し者でした。

続き↓

GoodNotes for Windows/Android on Betaを使ってみた その2 – ぐりじゃが! (green-potato.monster)